絶空調とは?メリットについて解説します!

query_builder 2024/06/19
ブログ

絶空調を検討している方は、その仕組みやメリットについて気になるところでしょう。
この記事では、絶空調の特徴や導入のメリットについて詳しく解説していきます。
絶空調について理解を深めることで、快適な住環境づくりの参考にしていただければ幸いです。

□絶空調とは?

絶空調とは、ヒノキヤグループが提供する全館空調システムの一種です。
その特徴は以下の通りです。

1:高い気密性・断熱性

ヒノキヤグループ独自の「Wバリア工法」を採用することで、住宅の隙間を極力なくし、断熱材「アクアフォーム」と「アルミ遮熱材」で熱の出入りを防ぎます。
これにより、熱ロスを最小限に抑え、省エネ性を高めています。

2:効率的な空調システム

大手メーカー・ダイキンの大型天井埋込型空調機を使用し、吹き出し口の調整により全館を快適な温度に保ちます。
また、全熱交換式換気システム「ココチE」により、花粉やほこり、虫の侵入を防ぎつつ、適切な温度・湿度の新鮮な空気を取り入れます。

3:優れたコストパフォーマンス

一般的な全館空調システムと比べ、絶空調は導入費用が約半分と非常にリーズナブルです。
また、高い気密性・断熱性により電気代も抑えられるため、長期的な視点でもコストメリットが期待できます。

□絶空調のメリット

絶空調を導入することで、以下のようなメリットが得られます。

1:家計に優しい電気代

24時間稼働しているため電気代が高くなりそうと不安に感じる方もいるかもしれません。
しかし、絶空調は起動時の電力消費が少なく、気密性・断熱性に優れているため、電気代の急激な増加は抑えられます。
ヒノキヤグループの調査によると、30坪~40坪の住宅での絶空調の電気代は、夏場平均で約3,300円、冬場平均で約9,300円とのことです。

2:一年中快適な住環境

絶空調は家中どこにいても温度が一定に保たれるため、季節や場所による寒暖差を感じることがありません。
風向きの調整により、夏は頭上から冷やし、冬は床からの空気の流れで効率的に室内を快適な温度に保ってくれます。
これにより、脱衣所などの急な温度変化によるヒートショックや、夜間の熱中症のリスクを軽減できます。

3:導入費用の安さ

全館空調システムの一般的な相場は200万~250万円ですが、絶空調の場合は30坪~40坪の住宅で約120万円と、半分程度の価格で導入が可能です。
高性能な全館空調を手頃な価格で取り入れられるのは大きな魅力といえるでしょう。

□まとめ

絶空調は、高い気密性・断熱性と効率的な空調システムにより、一年中快適な住環境を実現します。
また、電気代や導入費用の面でもコストパフォーマンスに優れているため、家計に優しい選択肢と言えます。
ヒートショックや熱中症のリスク軽減にもつながるため、特に高齢者や小さなお子様がいるご家庭におすすめです。
快適で健康的な暮らしを叶える絶空調を、ぜひ検討してみてください。

NEW

  • 水戸市・ひたちなか 工務店 リフォーム工事

    query_builder 2024/07/13
  • 平屋で後悔しないためのポイント!対策も解説

    query_builder 2024/07/20
  • 窓のデザインをおしゃれに!窓選びのポイントと人気デザインを紹介

    query_builder 2024/07/16
  • 三畳の書斎のレイアウトアイデアを紹介!レイアウトのポイントも紹介

    query_builder 2024/07/12
  • 渡り廊下のある家間取りのメリットと増築時の注意点

    query_builder 2024/07/08

CATEGORY

ARCHIVE