新築にusbコンセントは付けるべき?特徴やデメリットをご紹介!

query_builder 2023/09/08
ブログ
今やスマートフォンやパソコンを使う機会が増え、コンセントで充電するのは日常茶飯事です。
一般的なコンセントとして、差し込み口が2つある2口コンセントを思い浮かべる方も多いでしょう。
近年では、ACアダプタが不要なusbコンセントがあります。

この記事では、usbコンセントの特徴やデメリットについてご紹介します。

□新築にusbコンセントは付けるべき?特徴とは?

以下では、usbコンセントの特徴についてご紹介します。

*ACアダプタが不要で充電環境がスマートになる

usbコンセントはACアダプタが不要なため、直接充電できます。
毎日、スマートフォンやパソコンを充電する方の中には、ACアダプタがや充電コードがごちゃごちゃして散らかってしまっているという方もいらっしゃるでしょう。
usbコンセントを導入すれば、このような悩みを解決できます。

また、ノートパソコンが充電できる最大60Wの高出力商品からSプレートとの組み合わせができる1コモジュールの商品まで、ラインアップも豊富です。
それぞれの用途に合わせて最適な商品を選ぶと良いでしょう。

*世界規格共通

usb規格は一般的なコンセントとは異なり、世界共通です。
そのため、変換器を準備する必要はありません。

*耐久性に優れている

頻繁にコネクタを挿抜する場合でも、耐久性が優れているため、安心して使用できます。

□usbコンセントのデメリットとは?

上記では、usbコンセントの特徴について解説しましたが、いくつかデメリットもあります。

1つ目のデメリットは、高コストなことです。
ほとんどの家に取り付けられている差し込み口が2つある2口コンセントは、製品にもよりますが、3000円前後のものが多いです。

しかし、usbコンセントは2口コンセントの約2倍の価格になるため、高コストと言えます。
差額以下でアダプターを購入できてしまうため、デメリットとなります。

2つ目は、充電される場所が限定されることです。
usbコンセントを設置するということは、そこで充電することになります。
そのため、コンセントを配置する場所をしっかり考えなければなりません。

2口コンセントを設置したものの、使いにくい位置にあって使わなくなってしまうことも考えられます。
どこにコンセントが必要なのかを考えながら、設置するかどうかを決めましょう。

□まとめ

usbコンセントは、ACアダプタが不要なため、充電環境がスマートになったり、耐久性に優れていたりする特徴があります。

その一方で、高コストで充電される場所が限定されてしまうデメリットもあります。
このようなデメリットも考慮したうえで、usbコンセントを設置するかどうか決めましょう。

NEW

  • 大洗町K様邸大規模リフォーム工事【ひたちなか市・水戸市のゼロエネ工務店】】

    query_builder 2023/11/11
  • コンパクトな平屋完成です。【ひたちなか市・水戸市のゼロエネ工務店】

    query_builder 2023/11/07
  • 住宅ローンにおける年収倍率とは?借入限度額の注意点についてご紹介!

    query_builder 2023/11/28
  • 土地の決め方とは?土地探しの進め方もご紹介!

    query_builder 2023/11/24
  • 家を建てる予算はいくら?費用を抑えるためのポイントをご紹介!

    query_builder 2023/11/20

CATEGORY

ARCHIVE