5人家族におすすめ!リビングの理想的な広さと間取りのコツ

query_builder 2024/03/11
ブログ

家族の健康や文化的な生活を支える住空間は、単なる居場所以上の価値を持ちます。
特に、リビングは家族が集まる場所でもあるので、家族全員がリラックスしたり、楽しめたりする場所にしたいもの。
しかし、5人家族以上となると、どのくらいの広さにすれば良いのかイメージが沸きにくい方も多いでしょう。
そこでこの記事では、5人家族に適したリビングの広さの基準から、実際の住宅選びに役立つアドバイスをご紹介します。

□5人家族に必要なリビングの広さの基準は?

国土交通省が提唱する「住生活基本計画における居住面積水準」をもとに、5人家族にとって理想的なリビングの広さについて解説します。

*最低居住面積水準

健康で文化的な生活を維持するためには、5人家族で最低60平米のリビングスペースが必要です。
この広さは、家族が快適に日々を過ごすための最低限の要件を満たします。

*誘導居住面積水準

より広々とした生活空間を求める場合、都市型では115平米、一般型では150平米が目安とされています。
これらの広さは、各家族が多様なライフスタイルを楽しむために設定された基準です。

*平均住宅面積との比較

住宅金融支援機構の調査によると、平均的な一戸建てやマンションの面積は、5人家族に推奨される最低居住面積水準を上回ることが多いです。
その中でも特に、都市部のマンションでは、ゆったりとした生活を実現するには不十分なこともあります。

このことから、住宅選びでは広さだけでなく、その質や機能性も考慮することが重要です。

□5人家族の間取り計画のポイント!

家族構成の変化や子どもの成長に伴うニーズの変動に対応するための間取りのポイントを3つご紹介します。

1:部屋数と部屋割りの計画

子どもの成長や親との同居を見越して、将来的な家族構成の変化に柔軟に対応できる間取りを計画します。
子どもが成長して個室を求める年齢になる前に、部屋数や部屋割りを考えておくことが大切です。

2:水回りの計画

朝の準備時に洗面所やトイレが混雑しがちな家族は、複数の水回りを設けることを検討しましょう。
また、入浴時間の集中を避けるために、洗面所と脱衣所を分けるといった工夫が求められます。

3:収納スペースの確保

5人家族では、子どもの成長に伴う荷物の増加に備え、十分な収納スペースを確保することが重要です。
利用可能なデッドスペースを活用し、効率的な収納計画を立てることがおすすめです。

□まとめ

5人家族が抱えるリビングスペースの問題を解決し、快適な居住空間を実現するためには、適切な広さの基準を理解し、間取りを慎重に計画することが不可欠です。
国土交通省の基準を参考にしつつ、実際の生活スタイルや将来の家族構成の変化を見越して、最適な住宅選びを行いましょう。
また、水回りや収納スペースの計画にも注意を払い、家族全員がストレスなく生活できる住環境を目指すことが大切です。

NEW

  • 那珂市K様完成【水戸・ひたちなか 注文住宅】

    query_builder 2024/06/07
  • 無垢床とは?メリットについて解説します!

    query_builder 2024/06/23
  • 絶空調とは?メリットについて解説します!

    query_builder 2024/06/19
  • 家の中でシロアリを発見した際の対処法について解説します!

    query_builder 2024/06/15
  • 外構塀の色を決める際のコツとは?和風な塀の魅力についても解説します!

    query_builder 2024/06/11

CATEGORY

ARCHIVE