家を建てる予算はいくら?費用を抑えるためのポイントをご紹介!

query_builder 2023/11/20
ブログ
家を建てることは、多くの人にとって一生に一度の大きなイベントです。

しかし、その背後には「予算」の壁が立ちはだかることでしょう。
特に、予算設定や節約方法についての情報が欲しいと考える方にとって、この問題は避けては通れません。
この記事では、家を建てるときの平均費用とその内訳、家を建てる予算を抑えるためのポイントについて解説します。

□家を建てる平均費用とその内訳

家を建てるときの平均費用について、土地を持っている場合と土地を持っていない場合に分けてご紹介します。

*土地を持っている場合の平均費用

土地を既に所有している場合、家を建てる平均費用は約3572万円とされています。
この金額は、土地購入費を除いた建築費と諸費用で構成されています。
頭金の全国平均は約597万円、住宅ローンの平均借入金額は約2874万円となっています。
この情報を踏まえ、土地を持っている場合は、約3600万円を目安に予算を組むと良いでしょう。

*土地を持っていない場合の平均費用

土地を持っていない場合、家を建てるための平均費用は約4455万円です。
この金額には、土地代と建築費が含まれています。
土地代の平均は約1445万円、建築費の平均は約3010万円となっています。
地域によっては土地代が高く、全体の費用が上昇する傾向にあります。
特に首都圏では、土地代と建築費を合わせた平均費用が約5133万円となっています。

□家を建てる予算を抑えるためのポイント

1つ目は、条件の優先順位を明確にすることです。
家を建てる際、希望する条件が多いと費用が増加します。
全体の予算を決定した後、譲れない条件と妥協できる条件を明確にしましょう。
この優先順位を設定することで、無駄な出費を抑制できるでしょう。

2つ目は、延床面積を抑制することです。
家を建てる費用は、延床面積に比例します。
必要な床面積を最小限に抑えることで、建築費を削減できます。
この工夫により、予算内でより質の高い家を建てられます。

3つ目は、建物の形状をシンプルにすることです。
建物の形状が複雑だと、建築費が増加します。
シンプルな形状を選ぶことで、部材費を削減できます。
このような工夫により、予算を有効に活用できます。

4つ目は、水回りを集約することです。
水回りの設備が分散すると、給排水設備の費用が増加します。
水回りを一箇所に集約することで、この部分の費用を抑制できます。
この工夫により、ランニングコストの抑制も可能です。

□まとめ

家を建てる際の予算は、土地の有無や地域によって大きく変わります。

しかし、その予算を効果的に使うための方法は存在します。
条件の優先順位を設定したり、延床面積を抑制したりするなど、具体的な節約方法を知ることで、理想の家を予算内で手に入れられるでしょう。

NEW

  • 水戸市・ひたちなか 工務店 リフォーム工事

    query_builder 2024/07/13
  • 平屋で後悔しないためのポイント!対策も解説

    query_builder 2024/07/20
  • 窓のデザインをおしゃれに!窓選びのポイントと人気デザインを紹介

    query_builder 2024/07/16
  • 三畳の書斎のレイアウトアイデアを紹介!レイアウトのポイントも紹介

    query_builder 2024/07/12
  • 渡り廊下のある家間取りのメリットと増築時の注意点

    query_builder 2024/07/08

CATEGORY

ARCHIVE