外構塀の色を決める際のコツとは?和風な塀の魅力についても解説します!

query_builder 2024/06/11
ブログ

外構塀の色選びに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
塀の色は、家の印象を大きく左右する重要な要素です。
色選びのコツを押さえれば、家全体の雰囲気に合った塀を作ることができるでしょう。
ここでは、外構塀の色を決める際のポイントと、和風塀の魅力について解説します。

□外構塀の色を決める際のコツ

外構塀の色を決める際は、家全体とのバランスを考えることが大切です。
和風の家に洋風の色を選んだり、洋風の家に和風の色を選んだりすると、違和感のある仕上がりになってしまいます。
まずは、遠目から家全体と外構塀を見渡し、外壁の色調を確認しましょう。
そして、家の雰囲気に合った色を選ぶようにします。

外構塀の色選びには、大きく分けて2つのアプローチがあります。

1:家の外壁と同じ色で塗る

外壁と同じ色で外構塀を塗ると、統一感が生まれ、失敗が少ないでしょう。
外壁が黒やグレー系の場合は、塀も同じ色にすると重たい印象になるので注意が必要です。

2:家の外壁と違う色で塗る

外壁と違う色で塗る場合は、同系色を選ぶのがおすすめです。
例えば、黄土色系の外壁なら、茶色系の色を塀に塗ると、まとまりのある仕上がりになります。
明暗のコントラストをつけるよりも、同系色で揃えた方が一体感が出て、失敗が少ないでしょう。

3:注意点
外構塀の色選びで最も注意したいのが、汚れへの配慮です。
黒い汚れやコケの緑色が気になるからと言って、黒系の色を選んでしまうのは危険です。
実は、白い汚れ(白華現象)もついている可能性があるからです。
白華現象は、雨などの水分でコンクリートの成分が空気に触れて起こる現象で、外構塀によく見られます。
黒い塀にすると、この白い汚れが目立ってしまうのです。

□和風な塀の魅力


和風塀は、日本の伝統的な建築様式を取り入れた美しいエクステリアです。
その魅力は、独特の雰囲気と風格にあります。

1:素材とデザインの特徴

和風塀には、木や竹、石、レンガなどの自然素材が使われることが多く、季節の移ろいとともに表情を変える風合いが楽しめます。
デザインは、シンプルでありながら繊細で美しく、日本庭園や和風建築との調和を図ることができるでしょう。

2:自然との調和

和風塀は、自然との調和を重視しています。
周囲の環境と調和することで、季節感や風情を演出し、さわやかな空気を楽しむことができます。
風通しの良さも、和風塀の特徴の一つです。

3:日本の伝統と文化を感じる

和風塀があると、日本の美意識や精神性を感じることができます。
伝統的な建築物や庭園との調和も図れるので、日本ならではの美しい風景を演出できるでしょう。

□まとめ

外構塀の色選びは、家全体とのバランスを考えることが大切です。
外壁と同じ色か、同系色を選ぶのがおすすめですが、白華現象にも注意が必要でしょう。

一方、和風塀は、自然素材の風合いと繊細なデザインが魅力です。
自然や伝統との調和を大切にしながら、日本ならではの美しい景観を作り出すことができます。
外構塀の色選びと和風塀の特徴を理解して、家の雰囲気に合ったエクステリアを実現してみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 那珂市K様完成【水戸・ひたちなか 注文住宅】

    query_builder 2024/06/07
  • 無垢床とは?メリットについて解説します!

    query_builder 2024/06/23
  • 絶空調とは?メリットについて解説します!

    query_builder 2024/06/19
  • 家の中でシロアリを発見した際の対処法について解説します!

    query_builder 2024/06/15
  • 外構塀の色を決める際のコツとは?和風な塀の魅力についても解説します!

    query_builder 2024/06/11

CATEGORY

ARCHIVE